成り行き経営からの脱却方法

成り行き経営からの脱却方法

経営者の勘や経験だけに頼って行なういわゆる成り行き経営では、どこかで行き詰まってしまういますから、そうなる前に戦略経営にシフトチェンジしていくと良いでしょう。
まず、どれだけ売りたいのか、または作っていくのかなどできだけ明確に目標を決めて、行動計画を立てておきます。
そして実行に移していくのですが、大切なのは途中できちんと成果が出ているのを分析しておくことです。

売上アップの経営コンサルならこちら

仮に予定通りに進んでいなければ、その都度修正を加えていきます。
また、従業員に関しても、的確な場所に適した人材を置くようにして、可能な限り具体的な指示や命令を出すように心がけておきます。
そうすることで行動しやすくなりますから、効率を上げられます。



関連記事

  1. 何年先のビジョンまでもつべきか?
  2. 成り行き経営からの脱却方法